カテゴリー
作品

乾漆蒟醤箱「游蛙」

work

乾漆蒟醤箱「游蛙」かんしつきんまばこ ゆうけい

乾漆蒟醤箱かんしつきんまばこ游蛙ゆうけい

日本伝統漆芸展 入選

縦18.6cm×横18.6cm×高さ9.5cm

 

以前制作した蒔絵の蛙を蒟醤で表現したくて制作した作品。

波紋と漆黒を溶け込ませるような色作りに苦労した。

蒟醤という技法は塗り重ねられた地の漆を特殊な刃物で彫り、彫った部分に色を埋めて研ぎだす技法で、通常は色漆を5~10回ほど色埋めする。

蛙の色埋めは色漆の後、金粉を蒔く作業(いわゆる蒔絵)を7回ほど繰り返し研ぎだしており、キラキラと金の層ができて輝いている。

素地は麻布で乾漆技法