カテゴリー
作品

乾漆彫漆箱「早春」

work

乾漆彫漆箱「早春」かんしつちょうしつばこ そうしゅん

乾漆彫漆箱かんしつちょうしつばこ早春そうしゅん

日本伝統工芸中国支部展 岡山市長賞受賞

縦23.5cm×横21.7cm×高さ9.0cm

 

新見の地に咲く節分草の春の陽気が広がる様子に見立てて表現した作品。仕上げに備中漆で磨き上げをした。

乾漆とは粘土や石膏の型に器物の厚さまで麻布を糊漆で張り重ねた素地の技法である。この器物の場合アクリル板で土台となる6角形を成形し、中心に軸を立てて型に合わせた引きベラを使い、石膏で器物の原型を作っていく。石膏はすぐ固まってしまうため、荒引き 仕上げ前 仕上げ と引きベラを作り段階に分けて成形した。(蓋と身は別々に成形)

合口を6面とも合わせることに神経を費やした。

乾漆彫漆箱「早春」かんしつちょうしつばこ そうしゅん
乾漆彫漆箱「早春」かんしつちょうしつばこ そうしゅん
乾漆彫漆箱「早春」かんしつちょうしつばこ そうしゅん
乾漆彫漆箱「早春」かんしつちょうしつばこ そうしゅん